はじめてのゲーム

親戚の集まりはどうにも苦手な方は多いのではないでしょうか?親世代から進学や就職について聞かれたり、血筋は近いのに全く性格の違う従兄弟に困惑させられたり、家ごとの微妙に違うルールに戸惑ったり…
私の場合、年の離れた従兄弟群と自身の年齢と近い従兄弟群があり、後者の中では私が最年長でした。そのため私にとっての親戚の集まりはリーダーでいなくてはいけないのではという思いと、年上にも甘えてみたいという気持ちと葛藤するタイミングでもありました。

年上の従兄弟は、現在に至っても会社の同期とマリオカートをしているようなゲーム好きで、私が物心ついた時には既にゲームをしている人でした。離れを自室とし、友人とゲームをする拠点としていたそうです。離れでゲームをするという行動が、私にとっては秘密基地的な魅力を感じてよく訪問していました。彼にとって友人とゲーム大会をしているところにチビが来るのはちょっと困ったらしく、1人でできるゲームを貸してくれました。それがゲームボーイの『テトリス』です。

テトリス

テトリス

 

 

特徴的なロシアの民謡をBGMにとにかくわかりやすいルールでできる、初心者にも優しいパズルゲームです。

現在では、ぷよぷよと一緒に発売されたりとルールも多様化されてきています。私の中では長い棒を差し込んで4行一気に消すことが最高の技だと思っていたのですが、落ちてきたピース(テトリミノ)を滑り込ませるように入れるスピンなどのトリッキーな技もあります。最近知ったのですが、初代からこのルールはあったようです。最近のゲームの中ではチュートリアルで各技の練習もできますが、未だに私はうまくできません。

 

テトリスに関しての出来事は多く、様々な都市伝説がささやかれたり、ゲーム脳が提唱されるきっかけになったり、近年ではKOTYにノミネートされたりと数々の障害を乗り越えてきました。しばらく遊ぶことが無くても、ふと思い出して遊びたくなることがありますが、その現象は周りの友人でもあるみたいです。まだこの現象には名前がないみたいなのでいつか実証されて欲しいと思っていますが、ソロプレイ特有のものなんじゃないかと推測しています。ほとんどのハード向けにソフトが出ていますし、ゲームセンターのアーケードでも遊ぶことができます。コラボによってはアイテムやルールの追加がありますが、基本的動作は一切変わりませんので一度ぜひプレイしてみてください。

 

 

就職活動雑記まるいち

こんな私にも内定を一社からいただけたため、少し心持ちがよくなってきました。
就活雑記として記事を書きます。今回は就職活動を始めるきっかけ編です。

 

まず進学か就職かについて、私自身は一年前までは進学するつもりでおりました。研究室や教授との出会いも相まり、いよいよ研究を始めるべく3年次から準備をしていました。しかし研究室の同期と全くうまくいかず、研究はおろか自身が研究室で学業を修められるかどうか疑問に持つほどまでになってしまいました。特定されてしまうことを防ぐため内容は伏せますが、同期生からすると全く興味のない人種だったらしく、返答が必要な連絡をしても応答がない、発言をしても直後に全く同じ内容の発言をされるなどがありました。その程度ならと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実験が進まないことや研究室内の仕事がまわらないことから先輩から叱咤されることも。学外活動先の方から心無い発言を毎週聞かされ、教員からのアカハラ、自身の研究活動は一切できない状態になりました。そのため2年次までは順調だった学業も3年次からは成績は低空飛行を続ける状況となっていきました。


3年次を乗り越え、現在なんとか4年次での生活を送っています。ですが前述の通り学業については進歩のない状態となってしまい、内部進学ではなく学外の院へ行くことを希望していた私としては致命的な時間ロスとなりました。さらに希望していた研究は様々な事情によりできなくなり院進する気持ちも必要性も薄れていくように感じました。代わりに早く自立して自分の望んだ生活を送りたいと思うようになり、就職活動を始めることにしました。両親には公務員を勧められましたが、3年次から準備している方々に果たして太刀打ちできるかどうか甚だ疑問ですが、それについては現在勉強中であります。

2年次に将来について相談させていただいた方々、3年次に不安定になった際は多くの方にご迷惑をおかけいたしました。